▲ GO HOME ▲
Windows7 x64 Ultimate 製品版に、VC++2008 SP1 を入れてみたら、32bit exe が なぜかビルドできない。状況と対策をメモ。

出力エラー


1>コンパイルしています...
1>コマンド ラインの警告 D4002 : 認識不可能なオプション '/errorReport:prompt' を無視しました。
1>コマンド ラインの警告 D4024 : ソースファイルのタイプ '/' は認識できませんでした。オブジェクト ファイルと仮定します。
1>LINK : fatal error LNK1181: 入力ファイル "/.obj" を開けません
とか、


1>コンパイルしています...
1>プロジェクト : error PRJ0002 : エラーの結果 -1073741515 が 'C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\bin\cl.exe' より返されました。
とか。VS上てでは、・のところが□となっていたりする。



対策

C++ のみインストールしている場合は、C# もインストールする。
あるいは、32bitと64bitの違いに注意して


C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\bin\c2.dll
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\bin\cl.exe
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\bin\1041\clui.dll
がもし無ければ、在るようにする(1とlを間違えないよう)。
且つ、

ツール →
オプション →
プロジェクトおよびソルーション →
VC++ ディレクトリ →

の、

プラットフォーム を Win32
ディレクトリを表示するプロジェクト を 実行可能ファイル
にして(ていうかたぶんデフォルトはそうなっている)、3箇所の $(VCInstallDir)Common7 を、 $(VSInstallDir)Common7 と修正する。

以上。