エンジンブローその後~カムシャフト、プーリー取り付け

BNR32 が昨年末にエンジンブローした。 その時の顛末はこちら。
ブローの診断文章はこちら
エンジン組み立て編はこちら
タービン取りつけ編はこちら

今回はカムシャフトとカムプーリーが組みあがっていた。 調整が非常に大変なものらしい。

最後の写真は現在のエンジンルーム。エンジンが無いとかなりのスペース が空いているが、見た感じまだかなり機器類が残っていて、GTRの エンジンルームの「密さ」を改めて実感した。