驚愕のロケットスタート

BNR32 で、ロケットスタートをやってみた。

ロケットスタートとは、まず静止状態でクラッチを切って回転を上げ、 いっきにどんとつないで、瞬間的に加速する方法である。 ロケットスタートでは、トルクの大きい回転領域を最初から使えるので、 結果的に強烈な加速になる。

しかし、ロケットスタートは理屈は簡単だが、FFとFR、タイヤの グリップ限界とクラッチの限界、などに複雑な関係があり、そうとう うまくつながないとすぐに失敗する。クラッチの寿命も縮める。

とくに、FFでは原理的に不可能に近い。たとえば、下は ノーマルセリカでロケットスタートをやろうとして、フロントが ジャダーになった失敗例である。

FFでロケットスタートをやるなら、Sタイヤ、固い足、凹凸の無い路面、 が必要になるだろう。

今回、MY BNR32 で、ロケットスタートをやってみた。 下は、通常の一速フル加速と、ロケットスタートの加速である。

通常一速加速だと、20km/hから60km/hに達するのに2.3秒かかっているのに対し、 ロケットスタートでは、1.6秒となっている。

運転中の感覚としては、通常一速加速はじわじわ加速が高まり 「お、おー」であるが、ロケットスタートでは「うぉー!」ってな具合(笑)である。

どちらも末期の加速は同じくらいの値なのであるが、どうも人間は 加速そのものより加速の「変化」に敏感なようで、ロケットスタートの 「すごい加速がずっと続く」より通常加速の「じわじわ加速が高まる」ほうが インパクトは大きい。

とはいえ、最初にロケットスタートをした時はびびってしまいました。 タイトル通り、驚愕でした。