シーテックJAPAN 2012@幕張

 

シーテックJAPAN 2012@幕張に行ってきました。
初日で比較的すいていたのでゆっくりじっくり見ることができました。




最初に SHARP に行きました。90インチの AQUOS が鎮座していました。
電気屋で見るときっとスゴイんでしょうがこういう会場だと普通に見えてしまいます。




SHARP に限らず各社4K2Kディスプレイをずらり並べていました。
こちらは SHARP のタッチ可能な4K2Kディスプレイ。




SHARP の底力を見せてくれる超高解像度液晶、脅威の500ppi。
近寄って見ても「のぺっ」としていてこれはもう写真でも絵で液晶でもない感じ。




SHARP は同規模の他社と比べてキャンギャルさんの数がハンパなかったです。
そこらじゅううじゃうじゃいた。。。




こちらは SHARP の体験型ブース。FullHDソースを基にした4K2K用アプコン技術の紹介らしいです。
アプコンは他社も精力的に展示しており、今後の4K2K販売戦略上重要な技術でしょうが、
こちらの SHARP の体験コーナーでは、映像ソースがやや意図的な感じのものが多く
素直にスゴイとは言い切れない感じです。もうすこしバラエティとかドラマとか普通の映像で
やってほしいところではあります。




これは SHARP の液晶表面の反射を抑える技術のようです。
しかし名前負けしている感があり、少々痛いかもですね。。。
最近の SHARP の悪いところかも。4原色革命、とか(^^;)
名前は世間でちゃんと認められてからつけるべき。




次は東芝のブースです。ブースの入り口で普通のブルーレイディスク映画を4K2Kに
アプコンかました映像を披露していました。アプコン事例はやっぱりこうじゃないと。
しかも品質は良好です。東芝はこのへん他社より頭ひとつ抜けている気がします。




こちらはそのアプコンの説明。




年末に登場するであろうWindows8搭載のウルトラブックです。
折りたたんでスレート型にもノートPC型にもなるメカを搭載しています。
ただし持ってみたら重さはそこそこありました。1キロ前後かな。




となりのブースはネットやPCと連携できる健康器具がいろいろありました。
歩数計と体重計と血圧計は定番のようでその他医療用のいろいろな器械もありました。




HUAWEI という名前は知らなかったのですが、最寄の海浜幕張駅からしてそこらじゅうで
大々的にこのロゴが宣伝されていました。どんだけ金かけてんねん、と言いたくなるほど
あちこちで目にしました。そのブースもド派手で、ドコモから発売予定のAscendという
スマートフォンを金に任せた力技で大々的に宣伝していました。ファッションショーのような
通路をファッションショーのような歩き方でやってきてファッションショーのような
ポーズを決めてくれてます。
そしてそれに群がる大量のカメラこぞうたち。。。




ドコモのブースに人がたかっていたので覗いてみたら、視線で操作できるとのキャッチが。




列の前の人の様子ですが、こんな感じでとくに何も身につけず、タブレットを
操作できてしまいます。実際に体験してみましたがかなり良好な操作性です。
見つめたものがピッと選択されたり左右上下ポインタを見たとおりに動かせられるのは
まったく新しい体験でした。頭を動かすとだめというのが欠点ですが。。。
これはたぶん眼球を撮影した画像処理だけでなく、ポイント位置と実際の選択の間に
なんらかの予測処理が入っているように思えました。見ている位置を丸印で確認
できるのですが、検出された位置そのものを採用するのではなく、過去の軌跡も考慮して
少し先の位置を採用することで自然なUIになっているように思えました。
まぁこういうのは特許だらけの世界でしょうね。個人では別の意味で手を出せない世界です。




外人さん用の説明も通訳を通して熱く行われています。




こちらは富士通のブースです。最近よく見かける複数の広角レンズ撮影画像から
鳥瞰図的な画像を作成するデモです。車に取り付けた小さいカメラから左に映っている
ような画面を運転席で見ることができます。




視線で操作する技術はドコモだけなのかと思ったら、富士通にも別の形でありました。
こちらは視線で地図ソフトを操作していました。ていうかここ以外にも同種のデモが散見されました。




富士通のブースでユニークだなと思ったのがこちら。これはすばらしい。




お次は SONYのブース。さっそくなにやら行列です。




何かと思ったら、例のヘッドマウントディスプレイの第2作目の体験会のようです。
どう変わったのかと聞いたら、ヘッドフォンが別になった、大幅な軽量化をした、
とのことです。画質は同じらしいです。1作目は所有してますが既にゴミになりつつあり、
非常に複雑な気分になりました。




こちらは先ごろ発表されたSONYの4K2Kテレビで、ラインバイラインの偏光式立体視機能付です。
下の写真は左右の画像が同時に見えているので横ボケして見えますが、これを偏光グラスで
見ると立体になります。実際に見たところ、クロストークはとても低く質感はかなり良好です。
しかも4K2K(の半分)なので画質も良いです。3Dの正常進化形だと思いますが、肝心の3Dブームは
既にかげりが見えているというか3Dで見る必要性を感じることが日常において少なくなっているので
これのためにこの製品を買うかというとなかなか難しいです。どうしても美しい3D映像を見たい人向けか。




こちらは同じ製品のSONYのアプコンの様子。静止画としてみた時の品質はまあ普通に良いですが、
明らかにフレームレートが処理前のより落ちてました。30Pかな、これ。
一般人はごまかせてもモリゴンの目はごまかせないよー。
気になって技術の人に聞いてみましたが「担当者がいないのでお答えできません」とのこと。
なんじゃそりゃ。




その説明書き。




10点タッチ可能の「テーブルトップPC」。こういうのを見るとWindows8も悪くないなと思う。




VAIO Duo 11 というSONY のWindows8搭載ウルトラブック。Core i5搭載だそうで。
重さは普通にズッシリ。




つづいてPanasonicのブース。Panasonicは「スマート家電」を全面的に見せていました。




これはスマホで洗濯機を操作するイメージ動画です。女性がかなり群がっていましたが
横で聞いているとみなさん手厳しいですね。「これできます。」「あれできます。」と
新機能を説明する係員に対して「え~人間はそんなことしないよ~」とか反論されてました。
逆に「これできる?」「あれできる?」と女性の方々が口々に質問するも、ことごとく「できません」ばかり。。。




そもそもスマートAVって何なんでしょうか。。。ちょっと迷走している感があります。
こういう場では何ができるようになったのかという技術の内容を明確にしてほしいです、、パナさん。




ところがPanasonicのブースの裏にスゴイものがありました。まずは軽いジャブ?
20インチの薄くて小さい4K2K液晶です。見たら誰もが欲しくなるクォリティです。
だめもとで聞いてみたらやっぱり販売予定はまだ無いそうです。




そして、その奥に、、、ありました!!!!8k4k!!!スーパーハイビジョン品質のディスプレイ!




このピンボケの写真では絶対に伝わりませんが、もう「やばい」ほどの臨場感です。
立体視じゃないのにはっきり立体感を感じます。いくつかサンプル映像がありましたが
下の機械時計だかの映像は飛びぬけていました。黒背景ってのが効いている気もします。




その説明書きです。




さてさてがらっと雰囲気変わってこちらはトヨタのブース。
トヨタホームという名でPHV車の家庭用設備の展示のようです。




おうちで充電中の図。




一人乗り用EVに体験試乗できるかと思ったら、今日はもう終わったとのこと。残念。




三菱のEV。こちらもMiEV HOUSE というロゴが奥にありました。




もう一度ドコモに来たら、またなんかすごいのがありました。
メガネに広角レンズを取り付けて顔を撮影して、遠くからその人を撮影している
ような動画にして、テレビ電話をするというデモです。動画の品質がとてもよくて
感心してしまいました。下の右の人が装着の図で、左下にちょこっと見えているのが
リアルタイムで変換してその場で動いている「その人を外から見た図」です。




実際に撮影されている動画はこんな感じらしいです。




「メガネ」のアップ。人だかりがすごく、これ撮るのがたいへんでした




どこかのブースで、磁力?か何かで空中に浮く物体を、視線で操作するクレーンを
使って吊り上げる、というデモを行っていました。宇宙空間に浮かぶ物体を
宇宙船のコックピットから視線で操作するという想定のようです。
この「視線で操作する」というのはもしかしてこれからのトレンドなんですかね。




別のどこかのブースで、「空中ディスプレイ」というこれまた名前負けしそうなものが
あったので列に並んでみてみましたが、ぜんぜんだめでした。個人差もあるのかもですが
浮かんでいるようにはまったく見えないです。




肉眼で見ると妙な感じなのに、カメラで撮影するとしっかり映る。なぜ?




空中ディスプレイの向かいのブースで、「マッスルスーツ」なるものが体験
できると聞いて、やってみました。この50キロの米袋を軽々と持てるらしいです。




こちらは列の前の女性が「マッスルスーツ」を装着している様子。




この後はブラブラ適当に見て回りました。村田製作所のBluetooth経由で操作できる
IHがかっこよかったですが、そこで煮込まれていたムラタカレーというのが謎すぎます。




なんかよくわからないブースもありました。




8つのホールのなかのひとつの全景です。




以上。