2014/1/21 更新
メニューに戻る


 ~ 低速化 ~



なぜかこういう試みはあまり見られないようなのですが、ここではもっとゆっくり動かすことができるようにしたいと思います。




まずはこちらは説明書通りに作ったノーマルのモーターで頑張ってゆっくり動かしている様子です(切れ角もこれがノーマルです)。ラジコンとしては低速の部類なんでしょうが、このおもちゃっぽい雰囲気をなんとかしたいのです。(写真をクリックで動画再生)






簡単にできそうなことを探したら、トルクを太くしたモーターがあるらしいので購入してみました。写真左がオリジナル、右がトルクチューンドモーターです。しかし差し替えてみても、体感差はありませんでした。






次に考えたのはタミヤから販売されているギヤードモーターに差し替えることでした。




ギヤードモーターの出力軸はとても太くてそれに合うギヤが見当たらないので、市販のギヤの穴を広げて取り付けました。






どうせならと、先のトルクチューンドモーターを使うことにしました。ギヤの回転比は75倍だと遅すぎ、10倍だと速すぎると感じたので、36倍のを使いました。






車体に搭載する時は、パーツの一部を切り取らないと乗りませんでした。






2速でカメラ近くで動かしてみるとこんな感じです。低速ぶりは良い感じですが、発進の瞬間はクラッチをいきなりつないだかのようで、まだ不自然です。(写真をクリックで動画再生)






フルスロットルの、1速、2速、3速の比較です。自分的には大満足ですが、走行会などには不向きですね。。。(写真をクリックで動画再生)