3840x2400の小部屋



ある日のこと、友人から下のサイトを教えてもらいました。



通販サイトですが、売られていたのは、中古のIBMのT221という、 22インチサイズで解像度が3840x2400(QUXGA-W)という液晶ディスプレイ です。画素数に対して画面サイズが小さく、鬼のように繊細なディスプレイです。

かなり古い製品で、もともと存在は知っていました。しかし、お値段も鬼のような設定で、 出た当初はビデオカード込みで300万円くらいしていたと思います。 要は "高嶺の花" でした。

それが、中古とはいえ、五万円。これは即「買い」です。ただ気になることが。 リフレッシュレートが普通につなぐと13Hz、がんばって48Hz。 応答速度は62ms。これだけ見ると、液晶についてよく知っている普通の人は 必ずひくでしょう。でも自分は仕事のこともあり、この手の高解像度系の機器には 実態として常に接していたい思いもあり、購入してみました。 ( GENOで購入できたのはDGPというモデルです。当サイトは以下、DGPについての内容です)

ビデオカードの接続図は以下の通り。下側ビデオカード2枚はそのまま 刺すとヒートシンクが干渉するので、写真のようなPCIe延長コネクタを 利用しています(これをT221側に使うと映らなくなるので注意!)。



ビデオカードとモニタを2本のケーブルでつないでいることに注目してください。 このT221というモニタは単体ではシングルリンク4つの入力しか受け付けず、 3840x2400という広大な解像度を機器の最高リフレッシュレートである 48Hzで駆動するには、なんらかの手段で信号を分割して送る必要があります。 (これをもし1つのシングルリンクで送ると13Hzになってしまいます)。 コンバーターBOXという、専用の機械があればデュアルリンク1つと シングルリンク1つでコンパクトにまとめられるらしいですが、残念ながら 超入手困難です。GENOの中古販売のも当然コンバーターBOXはついてきませんし、 ケーブル自体シングルリンク2つ分しかついてきません。48Hz出すためにシングルリンク 4つでつなぐには下のようなケーブルを購入する必要があります。





さて、苦労しまくってフル解像度@48Hzになったところで、T221くんを自宅で何に使うかというと。。。。実はこれが一番むつかしかったりしますが。。。(^^;) まぁ仕事がらみの研究用か、写真の観賞用といったところでしょうか。解像度の高い写真を 映すと(人にもよるとは思いますが)むちゃ感動します。こういう表示装置をもってして 初めて高画素の価値が生かされるのだと思います。以下に自作の高解像度の壁紙を いろいろ置いておきます。この大きさの画像が目の前にコンパクトに収まるわけです。



視野角について、サイトには視野角が(水平/垂直) : 85°/85° とありますが、 モニタに対してきちんと "水平方向の斜め" または "垂直方向の斜め" からいろいろ見るぶんには まったく気にならないです。実にきれーに映ります。ただ、"斜め45度方向の斜め" から見ると 急に色が変化します。これは個体差なのかもしれませんが。。。そもそも画面が小さいので、 実際にはそれほど気にならないです。より視野角が広いはずの30インチ液晶モニターのほうが むしろ視野角が狭く感じます。

リフレッシュレートや応答速度についてはいろいろ議論があるようですが、48Hz出せれば あとは他のソフトやハード次第という感があります。3840x2400x48Hzの状態で、GoogleEarthを 小窓で動かすと滑らかに動作しますが、1/4サイズの1920x1200にすると、だいぶんカクカクが 目立つようになり、フルサイズの3840x2400にすると、まったく使えない程度にカクカクに なります。画面をまたいでいるせいなのか、ソフトの最適化の問題なのか、原因はわかりませんが、 とにかく今の状況では48Hzが60Hzより低いとか、応答速度が遅すぎとか、それは 確かにそうですが、現実にはそれ以前の問題がいろいろあり、48Hz出して始めて そういった他の問題を洗い出すことができます。以下に、手元のモニタいろいろを なめらかスロー録画したものを置きます。ご興味のある方は参考にしてください。





ついでにEDIDの変え方の動画も置いておきます(左下)。 EDIDの番号とモードの一覧は右下のサイトにあるpdfの中にあります。




ところで、このモニタを使うと壁紙の扱いに困ります。OSの壁紙機能は普通マルチモニタを していると全ての画面に同じ画像しか貼り付けられませんが、T221は48Hzで駆動するとふつうの 環境では2画面または4画面などに分割されてしまい、壁紙を貼るといろいろ制限が出てきます。 こういった状況を解決するのに、MultiWallpaperというフリーソフトがあります。これは 複数の画面に別々の壁紙を貼ることを目的としておりますが、オプション機能を使えば、 T221の広大な画面に画像を1枚貼るといことも可能です。しかし私みたいにT221だけでなく もっとモニタをいろいろ連結している人にとってはもう少し機能が欲しいと思いました。 そこで無いものは作っちゃえということで、MultiWallpaperほどの多機能ではありませんが 細かいところで自分好みの仕様になっています。以下に置いときます。 もし実現可能な要望が複数あれば機能を追加したいと思います(機能要望メールには実現の可否など原則お返事できません)。











●サイトへのリンクは無断でOKです。 ●コンテンツへの直リンクは不可です。 ●雑誌の付録等コンテンツを再配布される時は、著作権が私にあること、 ファイルの出所、サイトのURLを明記、など紳士協定を守っていただければ事前許可は必要ありません。 ●メールによる感想はこちらへ。